読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もし前世の話が本当なら

来世では、もっとちゃんと生きていようって思う。

だいぶ前、まどかマギカを見て、号泣したことがある。

ほむらちゃんが、まどかの過去を何度も何度もやり直すうちに、重複する世界が生まれて、とんでもないエネルギーを抱え込んでしまい、結局、最後は、まどかが魔法少女になってしまうという話なんだが、もし、例えば、これが現実にあるとしたら、いつ戻ってやり直したいだろう?

おそらく、ほとんどの人が、死んでいった愛する人たちを救いに生きたいって思うんじゃないだろうか。

少なくとも私はそうだ。

ただ、でも、一つ、ありがたい話がある。

時間は巻き戻らないけど、なくなるものなんかないってことだけは覚えておいてほしい。

この世は、循環しているってこと気付いている?

質量保存の法則。

人は死ぬが、その死体を燃やしても、骨は残る。灰も残る。ちゃんと形を変えて存在はする。

見えなくても、あるってこと、ちゃんと覚えておいてほしい。

じゃないと、魂とか霊とかあらたまとかそういう言葉すら生まれないだろう。

死んだらなくなる?違う。あるんだけど、違うようになるだけ。

かたちが変わって見えなくなるだけ。

だって、なくなるものなんかないんだから。

そう思うと、同じ時間はないし、同じ自分なんかいない。だって、万物は流転するから。

そんな風に考えると、今のうちにしとかなきゃいけないことが頭に浮かぶ。

どうせみんないなくなる。でも、確かに生きてきたってことだけは、事実としてある。

そして、また産まれてくるとしたら、もう二度と昔のような時代にしたくないっていう思いで生まれたら良いって本気で思う。

だから、もし、過去に悔やんでいることがあるとしたら、さっさと解決していった方が良い。

なぜなら、未来に同じできごとがまた起こるかもしれないから。

円を考えてほしい。

1から12の目盛りを打つ。人生の長さは人それぞれ。生まれた瞬間から11と12の間にいる人もいれば、生きているうちに人より早く12になる人もいる。

生き方でその速度が変わるように。

その生きている間に、同じことが起こるかもしれないし、起こらないかもしれない。

でも、そんなの分からない。

いつ、どこで、誰がどんな風に死ぬのか分からないように、どこで誰が出会うかなんて分かるわけないんだ。大幅な予想が立てられたとしても。

だから、もし、後悔していることがあったら、後悔しない未来の選択ができるように、その後の人生は変えられると思う。

もう二度とそういうことが起こらないようにするには、どういう風に変えていけば良かったのか、真剣に本気で考えた方が良い。

だって、何度も何度も同じことが起こって、死んでしまって、またこの世に生まれてしまったら、同じことの繰り返しになってしまうから。

昔、兄にいつまでそんなことやってんねん!って殴られて、腕が腫れて、痛い思いをしたことがあった。

その痛みが支えになった。

痛いけど、頑張ってる。自分は、ちゃんとできるんだって思えた。

今、考えると、あの時、考えても、できなかったようなことができるようなってる。

あの時の自分が今の自分。その過程には、死にそうになるくらい辛いことがあったけど、ちゃんとできるようになったこともある。

だから、もっと真剣になって良い。

自分の生き方なんだから、やったことがちゃんと返ってくる。それだけは覚えておきたい。