読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膠着?していた工事が進んでいた

「新型ロマンスカーと3000形中間車を新造 ホーム延伸も 小田急2017年度設備投資計画」

https://trafficnews.jp/post/69816/

小田急はずっと通学で使っていた。

その頃から、登戸駅はあんな感じだった。

むしろ、通学していた間に、あの形になった。

その後、時は流れて、

ずっと1番線がないままでいて、

そのまま小田急は、複々線化完成!とかうたっていた。

いや、ダメだろ。

新宿から見て、登戸駅の直前、多摩川上で複々線区間が終了している。

和泉多摩川は急行等が止まらない駅で、

複々線区間ととてもいえない。

そもそも小田急複々線計画はダメで、

今回の工事が進んで向ヶ丘遊園まで伸びたとしても

各停が急行路線の外側にある段階で

どうしたって平面交差が発生する。

急行と各停を分離することなんて到底不可能だ。

反対側の代々木上原にしたって、

千代田線直通が内側だからここも詰まる要素がバリバリ。

これだけ時間とお金をかけて作ったってのにもったいない。

昨日の歩数は

5972歩

きっちり0歩

またこんなもんだったか。