読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【総務省】15歳未満の子どもの数 36年連続で減少

15歳未満の子どもの数 36年連続で減少

5日の「こどもの日」を前に、総務省が推計した先月1日現在の15歳未満の子どもの数は1571万人で、36年連続の減少となり、過去最低を更新しました。

総務省の推計によりますと、先月1日現在の日本の15歳未満の子どもの数は、去年に比べて17万人少ない1571万人で、昭和57年から36年連続の減少となり、過去最低を更新しました。

総人口に占める子どもの割合は12.4%で、去年を0.1ポイント下回って過去最低となっています。

子どもの数を年齢別に見ますと、12歳から14歳までが335万人、9歳から11歳までが321万人、6歳から8歳までが317万人、3歳から5歳までが304万人、0歳から2歳までが294万人で、年齢が低くなるほど少なくなっています。

一方、去年10月1日現在の子どもの数を都道府県別に見ますと、前の年と比べて増加しているのは東京都だけで、ほかの46道府県では横ばいか、減少となっています。

都道府県別の子どもの割合は、沖縄県が17.2%で最も高く、最も低いのが秋田県で10.3%でした。

また、推計の時期に違いはありますが、人口4000万人以上の国の子どもの割合は、アメリカが19%、フランスが18.3%、ドイツが13.2%などとなっていて、これらの国々と比べ、日本は低くなっています。