読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年前の4月

 昨日に続き暖かな朝になった 第一週目の稽古日で今日からの3週間はコーチが見える 武道館なので朝ドラ終了と同時に住まいを出る 桜の見える公園や広場の脇を通って行くのだが 少し散り始めた花びらが道路の隅に落ちていた 新年度に入ったのにまだ完成しない県道に続く道路だが歩道の簡易舗装だけは出来上がって居る 2差路に信号が出来るのか手押しのスイッチにカヴァーがしてあった。

当然ながら横断歩道はまだ出来ていないので 武道館手前の信号のない横断歩道を手を上げながら渡った 何時もこのあたりで本宅マンションの管理人さんに会うのだが今日は会わなかった 稽古場には既に半分ほどの仲間が来ていて今年度の庶務さんが新名簿を作って呉れていた お借りして居た県フェスのDVDを次の仲間に回した 始まりのストレッチはB・C級コーチの資格を持って居る先輩たちが交代で指導して呉れる。

コーチも見えて一緒にストレッチ後基礎練習に入った 既に24式の後半に入って居てお浚い後前半は入門と初級太極拳を行いながら 基礎練習で覚えた体幹の使い方が出来ているか見て貰った 小休憩の後の後半では24式を丁寧に行いながら まだ完全とは言えない套路に沿って腰の回し方や目線の使い方等を丁寧に教えて貰った 5月の予定は判らないが完成までに1カ月半は掛かるので 6月11日の25周年フェスにはぎりぎりで間に合う筈だ。

5月半ばには県から楊式の講師が見えて基礎の8式の講習会も有り 殆どの仲間が受けると言って居る 去年はがん検診後の精密検査で忙しく心身ともに余裕が無かったが 住まいを変えて仕事もリタイアーした今年は少し余裕が有るので私も受講することにした 帰宅後の報道番組では去年の4月に起こった熊本地震の現在の状況などを放映していた そう言えば東北地震以来の災害で九州とは言え断続的に震度7が続き落ち着かない日々だった。

先ほどブログを書きながら見ていた熊本地震支援コンサートが終わった所だが 1年前も6月のフェスティバルに向け練習に余念が無かったし 回り持ちの会計を引き受け忙しかったのにフェス終了後には今の住まいに引っ越しをした 年々気力や体力が低下するのを見込んでの決断だったが今にして思えば正解だった 年齢としても太極拳クラブでは会長に続く高齢者だが住まいでは一番年下だ。

 

家事万端全部自分で出来る居住者は数えるほどしか居ないが 住まいでのイベントや体操教室には必ず出席して居るので殆どの方と顔見知りに成れた サービスとセキュリティーは万全なのでいざ何か有っても安心だ 気ままな老後生活を過ごすのには快適過ぎるほどだが 災害と病は何時起きるか判らない 気を抜かずに以前と同じペースで暮し体調管理にも気を配って居る

季節の変わり目には特に注意が必要だ。

ともあれ新年度に入ってもう半月が過ぎようとしている 奢らず焦らず悠々自適を目標に気分を変えることなく過ごして行きたい。 

広告を非表示にする