読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しさく/春

伏し目がちに

だけど見詰めて

あなたの向く方を追って

わたしも顔を向ける

あなたが上を向けば 上に

下を向けば 下に

右に 左に 斜めに 後ろに 天に 底に 中に 向こうに

愛よりもずっと

軽やかで、無邪気

くすぐったくなる

愉快な気持ちで

あなたの後ろを付いて行ける

何だか 歩くのが楽しくって仕方ない時分の子供みたいに

何だか 走り過ぎて行く電車 素直に追っ掛ける目のように

何にも疑わないで

ただ 付いて行くのが楽しい

後ろ ちょっと離れて

あなたが左へ折れれば 左に

角を曲がった所

色褪せた古いお家の塀の奥で

白木蓮の木がはち切れようとしているのに

新しく気付いたりする

愛よりもずっと

軽やかで、豊か

あなたの向く方に

新しい春がある

新しい朝がある

新しい空がある

新しい気付きがある

わたしは素直に追って行く

ころころと わたしは腹の底から

笑いたくなって 笑った

++++++++++

バスの車内から見える東海から関西への景色一つ一つが、今日はとっても春めいていて、うつらうつらしながら眺めていたら「愛よりもずっと、軽やかで無邪気」と浮かんだ。何だか忘れるのはもったいないから書いた。今日は天気も良くて、午前中、バスに揺られながら日光浴も出来て大変気持ち良かった。

広告を非表示にする