読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンゲキ!日記;名古屋フィルハーモニー(3月17日)

ロビーコンサート

オーリック「オーボエファゴットクラリネット三重奏曲」

本編

ブルックナー交響曲第8番」

一昨日、体をこわし、病院に薬をもらいに行き、それをいただいて、一日中、寝ていた。

昨日は薬の副作用みたいなふわっとした感じはしたが、夜、名古屋フィルハーモニーの今年度最後の定期演奏会に行った。

今年度最後はブルックナーの「交響曲第8番」一時間半ぐらいの大作で、休憩なし。

毎回のロビーコンサートでは、本編は音の洪水なので、サーカスのような楽しい曲ですとのことで、女性三人の演奏だった。

そして、本編。批評の言葉を持ち合わせていないので、具体的には言えないが、とても良いと思った。(・・;)

少なくとも、長いとか、飽きるとか言うことはなかった。長い作品のため、楽章の間の休憩はゆっくりめだったが、本編は40分ぐらいの曲とかわらないぐらい集中出来た。

三楽章の終わりぐらい、少し乱れたかも知れないが、全体的にはとても良かった。

年配の演奏の方がいらしたり、いつもより演奏家を集めているのではないかと思った。

アンコールは無し。

三楽章が終わった時、少し帰る人がいた。何故だろう?体力の限界か?(・・;)