読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そもそも天下りの殆どが出世競争の落ちこぼれ

本当に優秀なら民間企業は高給を積んで引き抜きを図るだろう

大多数は出世競争の落ちこぼれで役に立たないのが現実なんだよ

天下りを無くすなら定年まで保証すべきとの意見が有るが、私は個人的には昇進を止めて飼い殺しにすれば良いと考えている

所謂キャリアの総数は年度辺り約600程度、仮に出世競争の始まる40歳以降なら25年間として1万5千人

特殊法人を無くすと税金投与は10兆程度減る

飼い殺しに平均1千万円の年収を与えても十分にお釣りが出る

その金で、どれだけの事業が出来るか、どれだけ減税が出来るか考えると天下りの功罪は明らかだろう

特殊法人の原則全廃と飼い殺しをセットにして検討すべきだろう

勿論必要最小限の特殊法人(日銀等)は残すものとする

■「天下り」再び批判 何が問題なのか? 早稲田塾講師・坂東太郎の時事用語

(THE PAGE - 02月25日 19:12)